So-net無料ブログ作成

大西みつぐ氏VS安田 菜津紀&EOS学園 [Tsu-の写真展拝見日記・・]

本日は、EOS学園の前に写真展巡り。。。

 国境なき子どもたち写真展 2012 「岩手 この空の下、明日への道を探して」
 と
大西みつぐ
氏/ Ohnishi Mitsugu
近所論・臨海に曝す

P5090005.jpg

安田 菜津紀

少し大人になった。。。様だ。彼女は、ガンガン撮るだけでない、その優しさと素直差なのだ。。。

P5090013.jpg

 国境なき子どもたち写真展 2012
「岩手 この空の下、明日への道を探して」

 渋谷篤志 のお弟子さんで最初紹介された。
彼らが撮るドキュメントそこに写る子供たちは。目がキラキラしている
それは、彼らが生き生きして子供たちを見つめているからだろう。。。
彼女のそのスタイルは、その写真と彼女の生きざまなのかもしれない。


写し屋で澁谷さんと出会って彼のそのスタイルに感銘した。

今更写真の技術など語る必要はない、その姿勢でなのだ~手前なのだ!!!

私には、出来ないその行動力いやその姿勢なのだろう。。。

彼らを陰ながら応援して行きたい。

 

IMG_0003aa.jpg

 大西みつぐ 氏/ Ohnishi Mitsugu

近所論・臨海に曝す

大西さんのその甘い笑顔に騙されない!

大西さんの繊細で頑固な写真が好きだ。。。

写真を撮る東京人のそのスタイルは、彼の右にも左にもいなはずだ。

私の目の上の眉毛!絶対越えられない。。。

そんな写真力が、大好きだ。

IMG_0008aaa.jpg

 鹿野貴司 鹿野貴司写真展「感應の霊峰 七面山」

 彼は、この写真展で一皮確実に向けた。いや向けるはずだ!!!

又写真展近くなったら、語りたいと思う。。。

ここ数年で確実に一番上手くなった写真家の一人だろう。

IMG_0013aaa.jpg

 EOS学園基礎コース面々 飴を置かれる前は、まだ、気が、軽そう。。。

今日感じたことは、自分の事と人の事と同じです。。。

ここから始める事の出来た事!その意味を皆の胸にしまってください。。。

写真は、各自が、撮る物!そしてそれが、自覚してくるはずです。。。

いきなりは、上手くいかないから今日の場があり!次へのステップなのです。。。

時間は最低限は、必要です。。。皆が、色々な事を覚えた様に。

しかしあるひ突然気づくはずです、科ならなず!次の段階に上ってる事を。

各自のレベルの自覚。。。それに気づき自分のラベルが、上がっていく事に。。。

Tsu-

IMG_0022.jpg

  飴を初めて体感。。。その意味を知ってもらえたら感じてもらえたら嬉しい。。。たかが飴ひとつされど飴ひとつ・・

IMG_0025aaa.jpg

  集合写真は、元気よく。。。願います。笑いが、硬いぞ!皆さん地獄の講評会後は、空気が、どよ~~~ん。。。

次回に大きく期待!!!!!!!!!!!

dennys_45.gifデニーズ。。。は、EOS学園率が、異常に高かった!('ο')

IMG_0030.jpg

小澤太一カメラマン目線をファインダー越しを見たいとその液晶を覗き込むと生徒さん。。。

このカメラの先は、こちら!

その男は今!
・・・

IMG_0029.jpg

ちょっと分け合って顔を出せません。。。もしかして新聞に出ちゃうかも!?

今度彼についても語ろう。。。今日彼にレンズ1本貰った、、、ぼそ

そんな小さな所に気が利く男なのだ。。。


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 8

コメント 1

kiyo

Tsu-先生、
安田 菜津紀さんに、大西みつぐさん、鹿野貴司先生に、小澤太一先生、
それに、EOS学園基礎コース地獄の講評会参加のみなさんですか。
今日は、盛りだくさんですね。
いつも、講評会は緊張します。
撮影で、結果を意識してセレクトできる程の写真を何枚かでも撮れていたのか?
セレクトの時=第2のシャッターチャンスで、これぞという写真が選べているのか?
 そもそも、ちゃんと結果を意識して撮影できていれば、セレクトは難しくない?
セレクト大事な写真を、みなさんに見ていただけるレベルへイメージアップしてプリントできているのか?

さらには、参加の皆さんと、自分の趣味・趣向が合っているのか、全然会わないのか?
最後は飴玉が、恐ろしく、キツイ鉄槌を下してくれます。
いつも、結果は、ドキドキですね。

小澤先生、お元気そうですが、大丈夫なんでしょうか?

by kiyo (2012-05-10 11:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0